神戸,兵庫区のはりきゅう,整体,【ハチダ鍼灸治療院】自律神経のページ

肩こり 腰痛 膝痛 めまい 耳鳴り 不妊 頭痛 自律神経失調症 アトピーなどは、神戸市兵庫区の鍼灸院ハチダ鍼灸治療院にご相談ください。

電話でのお問い合わせ TEL 078-599-6353

診療時間 9:00〜20:00 メールはこちらから神戸兵庫区の鍼灸院 ハチダ鍼灸治療院 メールはこちら

〒652-0804 兵庫県神戸市兵庫区塚本通7丁目3-10

  

自律神経失調症を鍼灸で治していく

自律神経失調症はストレスを受けやすい感覚器(目、耳、鼻)が治療のポイント

こんな症状はありませんか?

神戸 兵庫区の鍼灸院です。自律神経失調症の治療の様子
  • めまい
  • 耳鳴り
  • 不眠症(寝つきが悪い)
  • 立ちくらみ
  • 動悸
  • 息切れ
  • のぼせ
  • カラダのだるさ(倦怠感)
  • 暑くないのに汗が出る

自律神経失調症の症状はいろんな形であらわれます。また、自律神経失調症状は突然あらわれることもあり、気持ちを不安にさせます。症状はあるのに病院で検査を受けてもはっきりとした原因がわからず、処置をしてもらえず診察が終わるというケースもあると聞きます。原因がはっきりせず、いつ症状が起きるか不安に思いながら過ごすのはたいへんつらい状況です。

自律神経よって体調管理されています

自律神経の仕事はたくさんあるカラダの機能を管理することです。体温調節、食物の消化、運動すれば酸素や栄養を送るために血流を増やすなど、当たり前に行なわれているこれらの働きは、自律神経が無意識のうちに働いてくれています。カラダの変化を受容器というセンサーがキャッチして司令塔である脳の視床下部に伝えて情報をもとにすばやく対応しています。

休みなく働きつづける自律神経

寝ていても起きていても心臓が動いて、呼吸ができているのは自律神経が休まず働き続けているからです。日中は仕事や勉強をがんばるために自律神経がカラダを「仕事モード」にしています。逆に夜になると自律神経が「お休みモード」に切り替えて、寝ている間にカラダを回復させ翌日に備えるようにしてくれています。

ストレスでカラダの緊張状態が続くと自律神経の切り替えができなくなる

ハードな仕事や勉強での精神的なストレス、カラダに無理をした生活リズム、気候や環境の変化などが原因でカラダを疲れさせてしまうと、自律神経への負担が大きくなります。すると、自律神経の働きが過剰になったり上手く機能しなくなっていきます。カラダの緊張が続くと自律神経の切り替えが上手く出来なくなるのです。自律神経が機能がくるうと、仕事から帰ってもカラダは「まだ頑張らないといけない。」と「仕事モード」が解除できなくなり、夜に寝ようとしても「お休みモード」に切り替わってくれないので眠れないといった状態が起こります。

ホルモンと自律神経 〜更年期障害〜

自律神経の司令塔は脳の視床下部です。そばに脳下垂体というホルモンを分泌している所と互いに影響しあっています。そのためホルモンの変調が自律神経の働きに影響します。女性は更年期障害に代表されるように、いろいろな年代でホルモンの分泌が変化しやすいために自律神経の不調が起こりやすいです。

鍼灸治療で自律神経が本来持っている調整機能を取り戻す

自律神経失調症にどう対処していくか。まず回復力をつけていくことです。鍼灸治療で自律神経が本来持っている調整機能を取り戻していきます。疲れを回復させるには、充分な睡眠と、食事をおいしくとれる内臓のコンディション作りが必要です。

ハチダ鍼灸治療院では次の3つをポイントに自律神経失調症の治療を進めていきます。

神戸 兵庫区の鍼灸院です。自律神経失調症の治療の様子
  • つらさのある内臓、筋肉を回復させて自律神経の負担を減らす。
  • ストレスを受けやすい感覚器(耳、目、ノド、鼻など)を鍼灸(はり きゅう)で治療します。
  • 治療と合わせてローラー針を使った自宅でのセルフケアで自律神経を維持していきます。

1.つらさのある内臓、筋肉を回復させて自律神経の負担を減らす。

あらゆるつらい症状は、自律神経に負担をかけているので、まず、それらの症状を治療していきます。体調の変化は皮膚周辺にあらわれます。その皮膚の変化をたどり、やわらかい鍼(はり、)温かいお灸、(おきゅう)コロコロ転がすローラー針を使ってやさしく治療していきます。

2.ストレスを受けやすい感覚器(耳、目、ノド、鼻など)を鍼灸(はり きゅう)で治療します。

自律神経失調により不調に耐え続けているカラダは痛みやつらさに敏感な状態です。それは特に感覚器の働きを過敏にしてしまうので、自律神経失調症の重要な治療ポイントになります。1同様、耳、目、ノド、鼻の不調があらわれた皮膚を鍼灸でやさしく治療します。感覚の緊張がゆるむとことで、自律神経のお休みモードへ切り替わりやすくなります。


3.治療と合わせてローラー針を使った自宅でのセルフケアで自律神経を維持していきます。

自律神経失調対策は、疲れを溜めず、こまめに抜くことです。もう1つは、疲れに強いカラダ作りをしていくことです。それには、やはりカラダを動かすことが1番効果的です。カラダにやさしい運動は自律神経を「お休みモード」で切り替えやすくします。ハチダ鍼灸治療院ではリラックス効果の高いストレッチを中心に「簡単」「気持ちいい」運動をアドバイスしています。ストレッチはカラダに無理のないパーソナルストレッチを紹介しています。また治療で使うローラー針の自セルフケア指導をしています。ローラー針は自宅でもご使用していただくことでさらに治療効果を発揮します。

自律神経失調症に鍼灸治療とストレッチで改善できることがあります。ぜひ一度ご相談ください!

神戸兵庫区の鍼灸(はりきゅう)ストレッチ治療のハチダ鍼灸治療院への自律神経失調についての予約・お問い合わせはこちら

inserted by FC2 system